3タイプの種類があるロゴデザイン

ビジネスシーンでは名刺交換が必要で、名刺には会社や自分の個人情報が入っています。
名刺には会社名はもちろんロゴデザイン入りで、デザイン1つで会社の印象が決まります。
このデザインには大きく分けると3タイプあり、それぞれに役割や意味が決まっています。
まずロゴデザインにはシンボルマークがあり、会社のことがすぐにわかるマークを言います。
色々な視覚コミュニケーションに使われ、たくさんの人の目にふれるものになります。
またシンボルロゴタイプは企業の名前をロゴ化したもので、ローマ字6文字くらいが多いです。
3つ目がシンボルマークとシンボルロゴが混ざった、ロゴデザインが一体化したタイプになります。
シンボルマークには象徴的な印象を残せるメリットで、シンボルロゴには言葉でも印象付けることができます。
現代の会社では最後のシンボルマークとロゴが多く、ロゴデザインでさらに存在感を出すことができます。
商品やサービスで使い分けることも可能です。

sabu用置換